津居山港 カニ漁出港

兵庫県津居山港からカニ漁へ出港する船と船員さん。
無事故と大漁を願って見送る家族の写真です。

DSC_2472-s.jpg


DSC_2498-s.jpg

DSC_2525-s.jpg

DSC_2490-s.jpg

DSC_2515-s.jpg

DSC_2504-s.jpg

2014年11月09日 未分類 トラックバック:- コメント:0

松葉蟹漁解禁! 津居山港

2014年 11月6日 待ちに待った松葉カニ漁が解禁になりました!
旅館から車で30分くらいの兵庫県津居山港で水揚げされた蟹が
競り場にズラーと並びました。
雄蟹・雌蟹まずまずの漁です。
これは雌蟹(セコガニ)です。
地元の人は「松葉蟹よりこれの方が好き!」という声をよく聞きます。

DSC_2546-s.jpg

DSC_2587-s.jpg

こちらは雄蟹(津居山松葉蟹)
この蟹を求めてたくさんのお客様が来られます(^_^)
DSC_2560-s.jpg

水揚げされて競りにかけられるまでに、大きさや質を見て蟹を選別しています。
集中して真剣な眼差しで選別しています。
DSC_2577-s.jpg

DSC_2572-s.jpg

続きを読む

2014年11月07日 未分類 トラックバック:- コメント:0

8月15日は夕日ヶ浦花火大会がありました。

朝から雨が降ったり止んだりで、花火大会が行われるか心配していましたが、
夜には降っても小雨程度で、無事に綺麗な花火が打ち上げられました。
旅館の7階避難ばしごのあるベランダから撮影しました。
最近の打ち上げ花火は、UFOのような形やハート型など珍しい花火があって、楽しませてくれますね。
海舟からはよく見える位置に上がるので、お客様も大喜びでした(^-^)

s-DSC_5128.jpg


s-DSC_5126.jpg

s-DSC_5121.jpg

s-DSC_5119.jpg



s-DSC_5145.jpg


s-DSC_5144.jpg


s-DSC_5136.jpg


s-DSC_5131.jpg

s-DSC_5130.jpg

2014年08月17日 未分類 トラックバック:- コメント:0

アサギマダラという蝶

アサギマダラという蝶を知っていますか?
自分は今まで何度か見たことはあったと思います。
が… 別に気にもとめませんでした。
3年程前に渡り鳥の様に旅をする蝶がいると聞いて、興味をもって写真を撮り始めました。
それがアサギマダラという蝶です。
蝶として生まれてから誰に教わるでもなく本能で、あの小さな、か弱い個体でひらひらと飛び 2,000キロも旅をするってすごいと思いませんか?

主に沖縄から東北地方まで移動して、最近では南は台湾、北は北海道まで移動している事が、確認されています。

■最長飛翔距離のニュース記事
↓↓↓
山形県の蔵王温泉スキー場で8月25日に放されたアサギマダラ1匹が10月28日、与那国島で採集された。チョウは、山形市主催の観察会で参加者が羽に印を付けて約300匹を放したもの。講師を務めた同市の横倉明さん(57)によると移動距離は約2250キロで、国内の最長移動距離を更新したという。


そしてここ丹後地方は、アサギマダラをひきつける スナビキソウやフジバカマがあることからアサギマダラが移動する立ち寄り処になっています。
5月31日にそのアサギマダラの観察会が鳴き砂で有名な京丹後市の琴引浜で行われました。
アサギマダラの習性に神秘とロマンを感じる方が集まって、マーキングして放しました。

s-DSC_6646.jpg

s-DSC_6675.jpg


捕まえたアサギマダラに油性ペンで何処で捕獲したか、場所や日付を記入して放します。
記入の仕方も決まりがあります。
s-DSC_6676.jpg

マーキングされたアサギマダラが何処かで、捕獲されると何日かけて何キロ移動したのかわかるという事です。
s-DSC_6689.jpg

松の枝で羽を休めるアサギマダラ。
s-DSC_6710.jpg

一緒に参加した子供さん
アサギマダラの習性に興味をもってとても熱心に質問したり観察していました(^-^)
このマーキングしたアサギマダラが遠くの地で誰かに見つけてもらう事を願って、放しました。
s-DSC_6737.jpg

2014年06月01日 未分類 トラックバック:- コメント:0

2014-05-08

公園で遊ばせてました。
毛が伸びすぎて、前が見にくい?

ちなみに名前は「モコ」です(^-^)

s-DSC_6227.jpg

s-DSC_6241.jpg

s-DSC_6262.jpg

s-DSC_6174.jpg

2014年05月08日 未分類 トラックバック:- コメント:0

| 海舟だよりTOP |

前のページ« | このページの上へ |» 次のページ